myounakodawari’s blog

凄くない、ヤバくない高専生のブログ。DIY、ガジェット、PC ... etc.

MENU

「買ってよかった2022」筆者が自信を持っておすすめするのはこれだ!!

今週のお題

HUAWEI Band 4e

今週のお題「買ってよかった2022」

元々書こうと思っていた内容が都合よく今週のお題になっているので、書いておく。さて、今年はどれだけ散財したかな。

スマホ:Xiaomi 11T

myounakodawari.hatenablog.com

とりあえず、高かったり、印象に残っている購入品をいくつか書いて、最後に個人的ベストバイ(Best Buy)を決めるという形式でいこう。先ずはスマホから。
3月に性能不足からXiaomi 11Tを購入した。それまで使っていたHUAWEI Nova3から大幅にスペックアップし、画面も大きくなった。有機ELと大画面のおかげで"小説家になろう"が読みやすくて満足している。しかし、コスパだけで選んだからだろうか。なんとなく愛着が湧かない。確かにいい製品ではあるのだが、これをベストバイに選ぶのは違う気がする。

 

デスク:FlexiSpot EF1

myounakodawari.hatenablog.com

これは筆者にとって初めての電動昇降デスクだった。今でも頻繁に昇降させているし、丁度いい大きさを犠牲にしてまで選んだ天然竹天板も気に入っている。
これは一度使うとやめられなくなるな。昨年の自宅待機期間に電動昇降デスクがあればどれだけ楽だったのだろう。と、もうこれベストバイでよくね?って思うのだが、よく考えたら提供商品なのでBuy(買う)を満たしていない。残念だ。

イヤホン&ヘッドホン

ag WHP01K

myounakodawari.hatenablog.com

ずっとイヤホンを使っていると耳が痛くなるので購入したヘッドホン。ノイズキャンセリングの便利さに気付いた。音質も価格を考えれば上出来。有線接続が可能なのも便利。筆者は有線接続×ノイズキャンセリングという変な使い方をしている。特に不満もないので、有力なベストバイ候補。

ag WHP01K

ブランド:ag

Amazon 楽天
 

水月雨 竹 CHU

筆者のTwitterを知っている方なら、以下のツイートを見たかもしれない。

これはQuarksというイヤホンで、透明感のあるデザインと音、そして破格の2000円という価格の素晴らしいイヤホン... なんだけど

myounakodawari.hatenablog.com

個人的に買ってよかったと思うのはCHUの方。音に関しては価格なり。いや、発売時のドル価格で考えたらめっちゃ安かった(20ドル)んだけど、日本での実売価格は4000円。final E2000、E3000のいる日本市場では特筆すべきものではない。但し空間表現は群を抜いていると思う。
しかし選んだ理由は長時間使用での疲れにくさ。1DDの安物だから軽いというのはあるが、小さい筐体とフィットするイヤーフック、落ち着いた音などのおかげで長時間使用に向いている。何だかんだ使っている時間が長いイヤホンだ。

スマートバンド:HUAWEI Band 4e

myounakodawari.hatenablog.com

これはタイムセールも合わせてかなり安く買ったスマートバンド。機能は少ないが、低価格でも"使える"ものを作っているのは流石HUAWEI。心拍数センサが非搭載で加速度センサのみなのに、睡眠の浅い深いまで読み取れたあたりは本当に凄い。その後Xiaomi Smart Band7を購入したが、睡眠の浅い時間と深い時間の割合は同じような結果になったので精度もかなり高かったのだと思う。

小説:伴名練『なめらかな世界と、その敵』

今年出版された本ではなく、筆者が今年読んだ本について。
『図書館の魔女』とどちらを取り上げるか悩んだ。確かに『図書館の魔女』は面白かった。しかし、SFをあまり読んでこなかった筆者に新たな方向を切り開いてくれたという面で『なめらかな世界と、その敵』を選ぶ。最近は薄理多読(※そんな言葉はない)が多い中で、短編の一つずつを丁寧に読んだ本だ。卒研にも役立ちそうなので来年はSF作品にも積極的に手を伸ばしたい。

なめらかな世界と、その敵
伴名練
 

2022ベストバイを選ぶ

ジャンルを問わず、印象に残っているものを並べてみた。正直に言うと、今年は「絶対これがベストバイだ!!!」っていうものがない。そもそもあまり散財してないような気がする。愛知に旅行したから金がそっちに流れたからかな。
という感じで決め手がないのだが、これが不特定多数に読まれるということを考慮して、「読者の方に自信を持って薦められる」という基準で選ぼうと思う。

さて、少し悩んだ結果、やはりこれかな。『図書館の魔女』シリーズ。筆者が選ぶ2022年個人的ベストバイは『図書館の魔女』に決定。
いや、おすすめ度を基準にするとこうなるんよ... 読んで世界が広がったとか新しい価値観を得たとか、そういう綺麗ごとはないけど、とにかく面白い。

図書館の魔女 第一巻
高田 大介
 

【改造】タブレットPC用キーボード → USB化

 

ゴミ買ってきた?

独自端子なので使い道が...

最近ハードオフタブレットPC用のキーボードが売られているのをよく見かける。トラックパッド付のキーボードと考えると破格なのだが、そのメーカー独自の端子が使われているので本体が無ければ使うことができない
と、思っていたが、どうやらUSB化することができるらしい。

ハードオフで購入!300円!!

知ってしまったからにはやらなければ。ということで買ってきた。300円だった。Lenovo製のタブレットPCの下半分。Atomステッカーが貼ってあるのでMiix320用だろうか。

分解

背面から分解

とりあえず分解してみた。ノートパソコンを分解するときと同じように、ゴム足の下に隠れているネジを外し、ヘラでパキパキ爪を外しながら開けることができた。思ったよりもしっかりした作りで驚いた。金属が使われているのは、タブレットを取り付けた際にバランスを保つためだろうか。そのおかげで非常に剛性が高い。

画質悪っ

ヒンジ部分を分解して接続端子を取り外した。今回の作業はこいつにUSBケーブルを半田付けするだけ。

改造

USBケーブルをはんだ付け

百均で購入したUSBケーブルを先程の端子に半田付けした。

テストに使われるX240

テスターを使いながら電源が両側だろうということは予測できたが、それ以外のどれがデータ線か分からなかったので、残りはテスト用のPCで認識するまで総当たりした。

最初にやるべきだった

ここで内部に収まらないことに気付いた。とりあえず接続端子をペンチで破壊してみたら、無事に収まりそうな感じがした。しかし、次はケーブルが干渉。仕方なく外側の被膜も剥がした。

ケーブルと基板を固定

ケーブルをグルーガンで固定。後は元通り閉じたら作業終了。

ゴム足を移設

終了かと思いきや、タブレットなしだと不安定なことが分かったので、ゴム足の位置を変更。今度こそ完成。

動作確認

動作確認

動作確認を行う。といっても半田付けの際に使えることは確認したので動かないはずがない。

完成

USBコンパクトキーボード完成

10インチサイズのタブレットに合わせて特殊な配列になっていたり、ピッチが狭くなっていたりはするが、キーボードとしては悪くない。やはりパンタグラフキーボードのパチパチした打鍵感もいいものだなと再確認。トラックパッドも使えるというのは便利。狭いスペースで使う時や、左手でカーソルを操作したいときに役に立つ。

両側のUSBポートも使える

あと、側面のUSBポートも使うことができる。何気に高機能なキーボードができてしまった。

宣伝

今回の改造内容はYouTubeにも投稿したので、そちらも是非ご確認ください。

youtu.be

また、以下の動画を参考にさせて頂きました。こちらも是非ご覧ください。

youtu.be

2ヶ月使った"Xiaomi Smart Band 7"の感想|長期使用レポート

Xiaomi Smart Band 7買いました!

セールで安くなってたので買っちゃいました、Xiaomi Band 7。
っていうのは2か月前のこと。それから毎日使っているので、今回は長期使用レポートという形でレビューしよう。

購入理由

myounakodawari.hatenablog.com

半年ほど前に2000円のスマートバンド、"HUAWEI Band 4e"を購入した。これが思っていたよりも便利で、もっと機能の多いスマートバンドを使ってみたくなった。
購入時にはHUAWEI Band 7かXiaomi Band 7で悩んだが、最終的にAmazonのタイムセール祭りで安くなったXiaomi Band 7を購入した。

詳細なスペックは...

細かなスペックを子細に書いても誰も読まないと思うので、今回は使ってみて感じたことを中心にまとめていく。詳細が知りたい方は以下の公式サイトか商品ページを参照されたし。

final E3000C

ブランド:final

Amazon 公式
 

良かったこと

ディスプレイ

有機ELディスプレイ

ディスプレイは有機EL。発色が綺麗... というのはどうでもよくて、画面常時点灯が使えるという点が大きい。やはり腕時計はチラッと見るだけで時間を確認できるというのは最低限必要だ。常時点灯でなければ大袈裟に手首を回転させたり、画面をタップしたりする必要があり煩わしい。以前使っていたHUAWEI Band 4eには付いていなかったので、学校では普通の腕時計を使っていた。Xiaomi Band 7を購入してからは文字通り1日中スマートバンドを着けている。

また、カバーガラス?(名称が分からん)の硬度も十分だろう。軽く壁に擦っても傷が入らなかった。以前Band 4eの時に傷が入った経験があるのでヒヤッとしたが、Band 7は傷が入らなくて安心した。

大きさ

いろいろ反射してる...

本体サイズは思っていたよりも大きかった。しかし、軽いので着けていて気になるといったことはない。不都合は服の袖に引っ掛かるだけ。

アラーム

アラームは本体でもアプリでも設定可能

これはBand 7に限らずほとんどのスマートバンドに共通していることだが、振動アラームがめっちゃ便利。
耳栓をしていても起きられるし、洗濯物の終了時間を設定しておくといった使い方もできる。後者に関してはスマホでいいだろうと思うかもしれないが、手軽さという面で、常に身に着けているスマートバンドは有用だ。

睡眠モニタリング

月火テスト期間でした

筆者は運動しないので宝の持ち腐れだが、心拍数と血中酸素濃度を測定することが可能だ。
でも睡眠モニタリングは使ってみると便利。テスト期間になるとギリギリまで睡眠を削るので、これ以上はヤバいというラインを見極めるのに役立つ。

バンド

バンドは穴にパチッと留める

普通の腕時計のバンドと少し異なる形状のバンドだが、慣れれば簡単に着用できる。固定部分の劣化が心配だが、今のところ穴が広がったり亀裂が入ったりはしていない。しかし、心配なのでAliexpressで予備のバンドを注文した。人気のスマートバンドなのでバンドや保護フィルムの選択肢は多いし、安価に入手できる。

難点

「これはマジでゴミ」みたいな難点は見つからない。Xiaomiらしい機能豊富な代わりに使いやすいとは言い難いソフトウェアと常時点灯を設定するとバッテリーが1週間持たないことくらいだろうか。前者に関してはXiaomiだからねっていう感じ。後者に関しては軽量コンパクトなボディで常時点灯していれば仕方ないかな。

買ってよかった

スマートバンドなんてなくても生活できる。しかし、あると便利だ。睡眠モニタリングとかその代表的機能だろう。でも使ってみると手放せなくなる。スマートバンドというものは一度使ってみるべきガジェットだ。
そんな中でXiaomi Band 7は十分な機能を有しながら価格も安いので入門用にぴったりだろう。

final E3000C

ブランド:final

Amazon 公式
 

Mastodon始めませんか?「TwitterみたいなSNS」

先行き不安

私の人間関係は8割がネット、いやそれ以上かもしれない。リアルでぼっちだし、ネットの海にどっぷり浸かっているから仕方ないことだ。
その分、一つのSNSに依存しているというのは怖いものだ。私はTwitterをメインで使っているが、イーロン・マスク氏に買収されてからというもの、この先が不安で仕方ない。考えすぎかもしれないが、用心するに越したことはない。
とか言っているが、他のSNSを使ってみたくなっただけである。

Mastodonって知ってる?

joinmastodon.org皆さんはMastodonって知ってる?私は知らなかった。
機能的にはTwitterに近いが、サーバーが集約されておらず、世界中にあるサーバー(これをインスタンスと呼ぶ)にそれぞれユーザーが所属しているような形だ。
これは分散型SNSと言うらしい。

アカウント作ってみた

とりあえずアカウント作ってみた。特に登録しやすいとも難しいとも思わない。なんか普通のSNSって感じだ。
ちなみに、私はインスタンスにmstdn.jpを選んだ。特にジャンルとか定まってないから無難なところに登録。

人がいねぇ

使い始めて思ったこと。とにかく人がいない。もちろんTwitterと比べたら少ないというのは分かってて登録した。それでも機能が似ているのでTwitterと比べてしまう。マジで人がいない。

使ってみない?

たまには気分を変えてマイナーなSNS使ってみるのも面白いのではないでしょうか。皆さんMastodonに登録して私をフォローして!!!

mstdn.jp

 

【メモ】DaVinci Resolve、ダウンロード、国を選択できない

まえがき

筆者は普段、AviUtlで動画編集をしている。しかし、手ぶれの酷い動画素材があり、手振れ補正をかけるためにDaVinci Resolveをダウンロードしようとした。その際に、少し詰まったので、同じ状況に陥った人のためにメモ的な記事を書いておく。

国が選択できない

詰まったのはダウンロードするための情報入力画面。国を入力しようとしたのだが、"国を選択"という文字が出るだけで、肝心の項目が出ない。文字を打つこともできなかった。

最終的にはブラウザをOpera→MicrosoftEdgeに変えて再挑戦したら普通に入力できた
マイナーなブラウザを使っているとこういうこともあるが、最近はなかったのでブラウザが原因だということに思い至らず、時間がかかってしまった。

使ってみた感想

あまりにも短すぎるので、DaVinci Resolveを使ってみた感想を書いておく。
結論から言うと、筆者は全く使いこなせなかった。ググりながら手振れ補正と再生速度の変更まではできたが、それ以上の編集は諦めていつものAviUtlに頼った。でも、手振れ補正はよく効くし、再生速度の変化を滑らかに繋ぐことができ、他の機能も使いこなせたら強力なツールになるだろうなとは感じた。

書籍紹介|『よりみち英単語』英語学習の箸休めに

まえがき

先日面白い本を見つけたので、今回はいつもと少し趣向を変えて、書籍のレビューを書いてみましょう。

書籍紹介

よりみち英単語
しぎょういつみ
 

その本がこれ。『よりみち英単語』です。
この本ではよく使う英単語や間違えやすい英単語の成り立ちや覚え方が解説されています。意味だけ暗記すればいいじゃないかと言われればそれまでですが、こういう余分な知識って面白いですよね。
例えば、"travel"と"trip"の違い。片方は"拷問台"という意味を持つ言葉が語源だそうです。
他にも、"pen"と"pencil"の語源が違うという話とか、知ってると少し楽しくなる豆知識が盛沢山。
そして、本のレイアウトもよくできています。正方形の1ページに1つのトピック、という形式を守って全て書かれています。著者は国語のテストでありがちな"何文字以内で答えなさい(8割書けよ)"を大量にやったようです。お疲れ様です。
トピックがコロコロ入れ替わるので読んでいて飽きにくいですし、気になるところから読んでみるという読み方もできそうです。

あとがき

英語学習の箸休めにぴったりの本でした。まあ箸休めが必要なほど勉強してませんけど。

よりみち英単語
しぎょういつみ
 

余談ですが、本紹介用の表のようなものを作ってみました。記事を書くよりもこれ作る方が時間かかりました()

U20ドルのType-C DAC "MOONDROP Click"レビュー|これぞ水月雨

とりあえず買った

MOONDROP Click 発売

最近... といっても数週間前だが、MOONDROP(水月雨)が新しいヘッドホンアンプ、"CLICK"を発売。
19.99ドルだったからとりあえずポチった。

購入した場所

MOONDROP CLICK Mini Portable USB DAC/AMP Support Line-control CNC Carved Shell Headphone Amplifierja.shenzhenaudio.comまだ日本では正規販売されていないので、SHENZHENAUDIOで購入。理由は日本まで送料無料で届けてくれるから。到着したのは注文してから8日後と、Aliexpressに慣れている筆者の感覚では早い。

日本での販売予定もあるそうなので、少し待てばAmazonとかでも買えるようになるかもしれない。

開封

外箱として衝撃を吸収してくれた

中国発送の商品らしい外箱のボロさ。でも製品はブリキの缶に入ってるので大丈夫。

地味だけど実用的な梱包

あ、スポンジとか無しで直に入ってるんだね。まあ軽いものだからビニールだけでもそんなに動くことはないか。

加工品質は良さげ

本体はCNC切削の金属で、確実に価格以上のクオリティ。Nothing Phone(1)に繋げたら雰囲気が合いそう。持ってないけど

特徴

moondroplab.comCLICKの売りは軽さと低ノイズ。
メーカー公称値は7.4g。本体も小さいので、変換アダプタみたいに気楽に使うことができる。

比較

AppleのUSB-C - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタと比べるとこんな感じ。CLICKの方が一回り以上大きいけど、DAPとしては充分小さい部類に入る。

そもそもDACチップ内蔵のアダプタをこのサイズで作って1100円で売れるAppleも凄いよね。

先ず断っておきたいのだが、筆者はUSB-DACを持っていない。基本的にWalkmanで音楽を聴くので特に必要性を感じなかった。そのため、比較対象がAppleのアダプタしかない。だが、MOONDROPがこの商品で想定している客層には合っているのではないかと思っている。

ドンシャリ

想定外の低音に少し驚いた。どうやらドンシャリ傾向のチューニングのようだ。何となく見た目からフラットな音を予想したので少し残念。しかし、モバイル用途を想定されているなら妥当なチューニングだろう。ドンシャリなら外出先のように周りが少しうるさくてもそれなりに音楽を楽しむことができそうだ。

あっさりしてる

ドンシャリとは言え、あっさりした音なので胃もたれすることはない。自分でも何を言っているのか分からない。

キレがある

価格からは予想していなかったキレがあり、ギターやドラムの音が心地よい。20ドルのDAPなんてぼやけた音がしそうなものなんだけど... MOONDROPはたまにコスパの化け物作るよね。

声には向かない

ドンシャリ傾向のチューニング故に、人の声が少し聞き取りにくいと感じた。筆者は配信とかアニメとかを見ることが多いので... とか言って欲を出すと沼に落ちるんだよね。危ない危ない。

Quarksと組み合わせたら...

Quarksと一緒にケースに入れて持ち運べる

昨年発売され、Twitterで6万いいねを達成するなど一部界隈で話題になったイヤホン、「MOONDROP Quarks」。これとClickを組み合わせたら35ドル以下でポタオデ環境が用意できる。このセットならば、それなりに音楽が楽しめて外出先で使っても破損や盗難が怖くない。

myounakodawari.hatenablog.com

 

魅力のある20ドル

19.99ドルという、低価格でも魅力的な製品を作ってくれる。これぞMOONDROPだ。

あとがき

価格をドルから円に換算して書こうかとも思ったが、為替相場の変動が激しいので今回はドルだけの表記とした。もしかしたら日本で発売する時には5000円近くなるかもしれないな

©妙なこだわり.com All Rights Reserved.

プライバシーポリシー

お問い合わせ : inqkodawari@gmail.com