myounakodawari’s blog

凄くない、ヤバくない高専生のブログ。DIY、ガジェット、PC ... etc.

MENU

HUAWEI Band 4e|安すぎるスマートバンドは目覚まし時計として便利

HUAWEI Band 4e

 

スマートウォッチ欲しい!!!

Mi Band 7

ブランド:Xiaomi

Amazon 楽天
 

HuaweiとXiaomiからBand 7が発売!個人的にはHuaweiのBand 7の方が欲しいかな。

そんな感じで新製品が出たことでスマートウォッチ欲が高まり、ついついHuawei Band 4eを買ってしまった。ということで、今回は時代おくれのBand 4eのレビューを書いていこう。

Huawei Band 4e

概要

一括りにスマートウォッチと書いたが、Band 4eは厳密に言うと、健康管理がメインなのでスマートバンドに分類される。

特徴は何と言っても安いこと。通常時でも約3000円、安い時だと2300円ほどで購入できる。

機能

3000円という価格なので、ハード面は0.5インチディスプレイ、操作はタッチスイッチ、センサは加速度センサとジャイロセンサしか搭載されていない。
Band 7などの普通のスマートウォッチと比べると頼りなく、それだけで何ができるの?と思うかもしれないが、そこはソフト面に強いHuaweiが腕によりをかけて調理しているのでご安心ください。

開封

本体、バンド、シューズバックル

内容物は本体、バンド、充電器、シューズバックル、クイックスタートガイド。個包装で輸送中の傷は防止されているので、梱包は十分かな。この価格帯で高級感は求めてはいけない。

18言語対応のクイックスタートガイド

クイックスタートガイドがかなり分厚い。18言語対応で150ページを超える。もちろん日本語もあるはずだが、ページが多くて面倒だから一番上にある英語版を読んだ。Huaweiさん、もう少しコストカットしてください。

band 4eは左

本体はこんな感じ。思っていたよりも小さくて軽い。バンド込みでも17gしかないので、機械式腕時計とかに慣れてると、着けてることを忘れてしまう。

バンドはTPU素材

バンドはTPUでさらさらしている。筆者は弱いので、ものによっては肌がダメージを受けるが、これは大丈夫だった。Band 4eは交換用バンドの種類が少ないので純正が使えて一安心。

操作方法

ディスプレイはタッチ非対応

本体はボタンが1つあるだけなので、1回押すと画面が切り替わる。基本的な機能はそれだけ。長押しで再起動とかスマホを探すとかもあるけど普段から使うわけではないだろう。

consumer.huawei.comそのため、基本的にはHuaweiの"ヘルスケア"アプリで操作する。スマートバンドを有効活用するには、いろいろとアプリに権限を与える必要があるし、自分のデータがビッグデータの一つに加わることにも同意する必要がある。筆者は特に気にしないが、メーカーを信頼していない人はアナログな生活を続けた方がいいだろう。

睡眠管理

安眠セット

正直に言うと、筆者はBand 4eを目覚まし時計として買った。最近は騒音に耐えかねて耳栓を着けて就寝しているのだが、そうすると普通の音を鳴らすタイプの目覚ましでは起きれないかもしれない。そう考えてしまうので、結局目覚ましより30分ほど前に起きてしまうという問題があった。
そこでスマートバンドの振動アラームを使えば耳栓をしていても分かるので、安心して眠れるのではないかと考えたわけだ。

アラーム機能

実際に使ってみたのだが、意外と目は覚めやすいし、耳栓をしていても起きられる安心感から熟睡できるようにもなった。

深い睡眠は約5%

但し睡眠が浅い時にアラームを鳴らすという”スマートアラーム”はあまり役に立たなかった。そもそも深い睡眠がほとんどないので、設定時間の最初に起こされてしまう。ネットで見たレビューでは、逆に眠りが深すぎて設定時間の最後に必ず起こされるという人も確認できた。眠りが深いのは羨ましいな。

昼寝がバレた...

あと、睡眠時間や深い睡眠、浅い睡眠などの記録も残る。これに関しては、加速度センサとジャイロセンサしかないので期待してなかったのだが、昼寝してた時間までカウントされて驚いた。Huawei凄すぎ。

他の機能

シューズバックルで取り付け

筆者は睡眠時間の管理にしか使ってないが、これは面白いなと思ったので一応書いておく。それが付属品のシューズバックル。その名の通り、靴に取り付けるためのバックル。シューズバックルを使って片足にBand 4eを取り付けることでランニングやサイクリングケイデンス、バスケットボールなどのデータを収集することができる。ヘルスケアアプリでそれらを分析すれば、いろいろと役立てることができるらしい。しかし、筆者は運動が嫌いなのでほとんど使うことはないと思う。サイクリングケイデンスだけは自転車のスプロケットを交換したら試してみようかな。

腕時計としては

左の腕時計を使っていた

実は、このBand 4eを買った週に、数年前から使っていたアナログの腕時計が壊れた(しかもテスト中に)ので、日中もBand 4eを着けていた。でも腕時計としては不便かな。チラッと見るだけだと時間が表示されないのと、デジタル表記だから瞬時に時間を把握できないって言うのが難点。やはり日中は普通の腕時計、寝る時はスマートバンドという使い方がベストかな。普通の腕時計も買わなければ...

予想以上に使える

HUAWEI Band 4e

もはや、スマートウォッチの形を作れるだけでも凄いような価格なので期待していなかったが、振動アラームは便利だし、少ないセンサでもそこそこの情報は集められるので、買ってよかったなぁと思う。自身の運動のデータを取りたい人や、安くてもちゃんと使えるスマートウォッチが欲しい人にはおすすめできる。

©妙なこだわり.com All Rights Reserved.

プライバシーポリシー

お問い合わせ : inqkodawari@gmail.com