myounakodawari’s blog

凄くない、ヤバくない高専生のブログ。DIY、ガジェット、PC ... etc.

MENU

虫ゴムは定期的に換えよう!|自転車のタイヤに空気が入らなくなったから修理した

釘踏んだ

農道をボーっと走ってたら釘踏んでパンクしました。しかし、この記事のメインはその自転車ではありません。自分の自転車がパンクしてるので代わりに借りていた自転車の話です。その自転車もパンクしました(;^_^A

経緯

しばらく放置されていた自転車なので、空気圧が足りておらず、タイヤに空気を入れてから外出しようとしました。空気を入れたら全部出てきました。
どうやら空気を入れたタイミングで虫ゴムが吹き飛んだようです。

部品購入

歩いてダイソーまで行って、バルブ&虫ゴムのセットを買ってきました。正直バルブはいらないのですが... 昔は虫ゴム単体で売ってた気がします。
高いものでもないので、虫ゴムより長持ちするバルブに交換することも考えましたが、自分の自転車ではないので安さで虫ゴムを選びました。何度も交換したくない場合は下のように虫ゴムを使っていないバルブに交換するのがおすすめです。

交換

バルブナットを外して、ムシと呼ばれる部分を外します。本来はここに虫ゴムが付いているはずです。この時点で虫ゴムが原因であることは確かです。

虫ゴムの残骸がありました。

殉職した虫ゴムの代わりを、抜けないようにしっかり差し込みます。

戻して空気を入れて終了。こうなった以上はもう一つの虫ゴムも怪しいので、ついでに交換しておきました。

定期的に交換すべき

作業自体は簡単ですし、コストもかからないのでパンク状態になる前に交換するべきでしたね。使いたいときに使えないと不便ですから。

©妙なこだわり.com All Rights Reserved.

プライバシーポリシー

お問い合わせ : inqkodawari@gmail.com